人前で話すときのコツ

業務向上

緊張するのは当たり前

私は人前で話すことが嫌いいです。

何故なら極度に緊張するからです。

自分一人に視線が集中すると思うと心臓がバクバクします。

しかし、包括支援センターの仕事では人前で話す機会が多いです。

1時間ぐらいしゃべることがあります。

認知症サポーター養成講座を開催したり

ケアマネに向けて研修会を開催したり

みんなの前で事例発表をしたり

前の日も眠れないぐらい緊張してました。

実際に本番になっても、緊張しすぎて途中で何を話しているのかわからなくなり

汗を大量にかいてしまうこともありました。

今でも本当に嫌です。

しかし、最初の頃よりは緊張しなくなってきました。

あれだけ苦手だった人前でしゃべる仕事も頑張ると克服できてくるのだと思っています。

人前で話す時に緊張しないようするための方法

上手くしゃべろうとしない

「上手くしゃべらなくても大丈夫っしょ!」

「どうせ、自分の話なんて聞いてないよな」

「ただ、話をすればいいだけだ」

そう思うと気持ちが楽になり緊張しなくなります。

原稿を作る

私が最初にやったことは原稿を作ことです。

人前で上手く話している人は何も原稿を見ないでしゃべっています。

そんなことは私は無理だと思っていましたので

ひたすら自分がしゃべる内容を書いてそれを読むということに決めています。

本番までに何度も読んで修正する。

そうすると少し自信がついてきます。

パワーポイントを作成

やはり、パワーポイントを作成するととても話しやすいです。

相手にもわかりやすいし、画面をみながら自分の原稿を見て話せるので

緊張で何を言っているのかわからなくなっても

画面を見ると「今ここまでしゃべったんだな」と確認でき落ち着くことができます。

マスクをする

これは表情がばれないのでとても良いです。

相手に自分の表情が見られないので焦っていることがばれません。

なので緊張しなくなります。

ただ、マスクをすると暑くて汗が出てきてしまい

逆にドキドキしてしまうこともあるので

汗っかきの人は注意が必要です。

できれば会場でリハーサルをする

リハーサルができればしておいておくと本番は緊張が和らぐぎますよね

あまりに会場が広いとリハーサルするのもためらうこともありますが・・・

リハーサルできなかったーー

って逆に緊張してしまう場合もあるので帯に短し襷に長し

って感じかもしれません

マイクを使う

人によると思いますが、私の場合マイクを使うと自分の声が聞こえて

緊張が薄れていくんですよね。

どんだけ自分が好きなんだって感じです。

緊張しなくなったなぁって思うとき

私が以前より緊張しなくなったなぁって思った瞬間があります。

何回も人前で話していって慣れてきたということもあると思いますが

やはり資格をとって自分に自信がついたことが一番の要因だと思います。

社会福祉士の資格をとってから何となく落ち着いて人前で話すことできるようになりました。

資格って本当に大事だと思いました。

人前で上手く話す人ってやっぱり、自信がないとあれだけうまく話せないですよね。

それが資格だったり実績だったりなんだと思います。

お医者さんや弁護士さんが人前で上手く話ができるのって

「頭がいいからなんだ」って思ってましたけど

そうじゃなくて自信があるんですよね

自分の仕事や資格に

因みに私は今でもお医者さんや弁護士さんの前で話をするときは

心臓バックバックですよ(笑)

カテゴリー
業務向上
スポンサーリンク
たっつんをフォローする
エンジョイHukushi
タイトルとURLをコピーしました