【簡単5分でできる】ランニング後に食べると効果抜群のヘルシー料理

ランニング

最近ダイエットにはまっているたっつん(@enjoywelfare)です。

普段料理をしない男でも簡単に作れるヘルシー料理を紹介します。

それは梅しらす丼です!

お金もかからないし、5分でできる簡単料理です!

しかも、私のようなランニングが趣味の人は、走った後に梅しらす丼を食べれば疲れが吹っ飛びます!!

ぜひお試しください!!

梅しらす丼の作り方

材料は釜揚げしらす。カリカリ梅。大葉。白ごま。ごま油。の5つです。

分量は釜揚げシラス5:カリカリ梅2:大葉1。ぐらいのざっくりした感じでOKです。あまり分量はこだわらないで、お好みで調節して良いと思います。

カリカリ梅を刻む

カリカリ梅を刻みます。大きさも適当で良いです。

普通の梅を利用する場合もありますが、私のおすすめは梅の食感を楽しむことができるので、カリカリ梅を使います。

赤い色のついたカリカリ梅だと時間がたつと、しらすに赤い色が付着してしまって、血のようになってしまうので、青いカリカリ梅を使用することをお勧めします。

大葉を刻む

大葉は千切りに刻みます。できるだけ細く切って水に10秒ほどさらしておくほうがごわごわ感がなくなりおいしいです。余裕がある人を水に少しだけさらして水を切って使用しましょう。

最後に混ぜるだけ

あとは白ごまとごま油をお好みで入れて、釜揚げしらすとカリカリ梅と大葉を混ぜるだけ。そして、あったかいご飯の上に載せれば出来上がり!!

ご飯は五穀米を利用すると糖質を抑えられるのでダイエット効果が高いです。

この夏は梅しらす丼をたくさん作って食べました。簡単で一人暮らしには持ってこい!夏バテ防止、梅のクエン酸がランニングの後の疲れた体にぴったりだし、ダイエットにも持ってこいのさっぱり料理です。

梅しらす丼の栄養素

料理を食べるときに栄養素を調べて、身体にどんな効果があって健康になれるのか?ということを調べると料理がさらにおいしく感じることがあると思います。

まずは、しらすの栄養素ですがカルシウムとタンパク質が多く含まれています骨が強くなって筋肉がつくので運動をしている人にはお勧めです。

そして、カリカリ梅に入っているクエン酸はカルシウムの吸収を力してくれます!しらすのカルシウムを効率よく吸収できるなんてすばらしい!しかもクエン酸には疲労を回復する効果もあるのでランニングをしている私にはもってこいの食べ物です!

続いて大葉ですがカロテンというものが多く含まれています。カロテンをとると免疫力が上がりがん予防や老化防止にもなります。

最後にごま油になります。ごま油は不飽和脂肪酸が含まれているため、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の上昇を抑える働きがあるので血液の健康改善になります。おまけにビタミンEも含まれているのでこれも老化防止につながっちゃうんです!

梅しらす丼のその他のこと

すこし醤油を入れても美味しいし、お好みで刻みネギやミョウガを混ぜるのも悪くないです。

ご飯にごちゃ混ぜにしたら、おにぎりとして食べても美味しいです。

飽きたら、塩昆布を混ぜてお茶漬けにしてもうまいっすよ!!

そして日持ちをさせたい場合はしらすの缶詰を使います。カリカリ梅と大葉のみじん切りしたものをタッパーに入れて冷蔵庫にしまい、食べる直前に缶詰のしらすを混ぜるだけにしておきます。2週間~3週間ぐらいは日持ちします。(大葉がしおれる)

この「静岡釜揚げしらすの缶詰」はしらすがふっくらしていて美味しいです。使いたいときに缶詰を開ければ良いので家にストックしておくと便利です。

あとは調子にのってご飯を食べすぎると太ってしまう可能性があるので注意です!!

以上になります!読んでいただいてありがとうございました!!

カテゴリー
ランニング 雑記
スポンサーリンク
たっつんをフォローする
エンジョイHukushi

コメント

タイトルとURLをコピーしました