【実際にあった】自宅にいる認知症の人のビックリ面白エピソード

福祉業界の事情

おはようございます。社会福祉士のたっつん(.@enjoywelfare)です。

地域包括支援センターでの仕事は9年目を迎えました。

地域包括支援センターで仕事をしていると介護保険サービスや地域の支援を全く受けていない状態の高齢者に出会うことがたくさんあります。

そして、当然のことながら高齢者支援をしているとほぼ毎日、軽い症状から重い症状の認知症状を持つ方に会います。

認知症状が悪化すると日常生活・社会生活が困難になる状態になり普通の人がビックリするような状態で過ごしている人がいるのです。

今回はサービスに何もつながっていない、まさに手つかずの状態で生活していた認知症の方の驚いたエピソードを紹介したいと思います。

家中が小銭だらけ事件(実行機能障害)

寝室から居間はもちろんのことトイレやお風呂場に至るまで、家の中のありとあらゆるところに小銭がバラバラとまき散らしてある自宅に遭遇しました。

1円玉~500円玉まですべての小銭が散らばっている状態。もちろん小銭だけでなくゴミも散らばっていたのでゴミ屋敷と言って良いのですが、それにしても小銭が多くてビックリ!!!

職員二人がかりで小銭を集めて洗浄作業。100円ショップでざるを買ってきて、鎌倉にある銭洗い弁天のごとく洗いました。

換金してみると総額6万円以上。床に小銭を散らばしている理由を聞くと

「小銭ってお金と思わないんだよね」

認知症になると小銭を数えられなくなりお札しか使わなくなることは知っていましたが、まさか家中に巻き散らかしてあるとは思わなかったです。

だって普通まとめて置くでしょう。適当な箱の中とか空いた瓶とか缶の中に😊

腐ったお弁当事件(記憶障害)

お弁当屋さんから「数日前に売ったお弁当を持ってきて、腐っているから取り替えてほしいと言うおばあちゃんがいる」と相談があり現場に急行。

そのおばあちゃんの家に行くと部屋の中はゴキブリだらけで尿の臭いが充満している状態。ここまでは良とくある話なのですが、問題となっている腐っている弁当がどこにも見当たらない。

本人の了解を得て冷蔵庫を開けると・・・

なんと冷蔵庫の中は弁当箱でぎっしりと詰まっている状態。

上から下まで弁当箱。野菜入れるところも弁当箱。飲み物を入れるところも立てになった弁当箱。

買ったものを忘れてしまい同じものをまた買ってきてしまう認知症の症状の典型例でした。

体中が虫だらけ事件(理解・判断力の低下)

春先のことでした。「体調が悪くても病院へ行こうとしないおじいちゃんがいて困っている」とアパートの大家さんから連絡が入ります。

これは「救急車を呼ぶ案件だな」と思い携帯電話を片手に現場に急行。

本人に話を聞くと「金玉が大きくなっちゃって歩きづらいんだよね。だから病院に行きたくないんだ。もちろん救急車なんて乗りたくないよ。」

金玉がでかくなる?同じ男としてこれは見過ごせない案件だと思い、病院に受診するようにフルパワーで説得!30分間粘り、車いすを使い病院に連れていくことができました。

しかし、そこから事件は思わぬ方向へと向かっていきます。

病院の待合室で車いすに座る本人の肩を見てみてみると、白い粉のようなものがたくさん。

私は「フケがたくさんあるなぁ。きっとお風呂にも入っていないのかなぁ」とのんきに思っていたら

フケが動き出したのです。

「今日は疲れているのかな・・」

「フケが白いからぼやっと動いているようにみえちゃったよ🤔」

「でも虫みたいに動くなぁ。あははは。」

「あれ?足が生えない?方向転換してない!?たくさん動いてない???」

「っていうか虫じゃん!!!」

なんとコロモジラミというシラミでした。

コロモジラミは衣類に寄生して人の血を吸って生活しています。洋服を洗わないなど不衛生にすると発生します。コロモジラミについて詳しい資料➡ころもジラミをご存知ですか?

それを発見したことで病院内も大騒ぎ!!本人の洋服を脱がしてみると全身にそのコロモジラミが・・・。

特に暖かい脇の下にはうじゃうじゃと集まっていました😱

本人は「どこかから飛んできたんだろ。俺わかんないよ。」とへっちゃら

痒くないか聞いても「前は痒かったけど今は平気😝」かきむしった後はあるが、今は特に困った様子はない。

恐るべし人間の適応能力!!認知症の理解・判断力の低下で虫に対しての理解がなかったようです。

その後、病院で身体を洗ってもらい洋服も捨てて、新しい洋服に着替えて虫は退治されました。

結局、金玉がでかくなってしまったのは陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)というもので金玉に水が溜まってしまったようでした。

札束を見せる事件(心理症状の不安や妄想)

銀行から「100万円単位で何回もお金を下ろしに来るおじいちゃんがいる。騙されているかもしれない。警察にも連絡した。たぶん認知症だから包括で支援してほしい。」との連絡。

これは大金が絡む大イベント!

本人の自宅に速攻訪問。本人に会うことができ自宅に上がると、家の中は綺麗で物がほとんどない。

テレビや電話はあるが電源はつながっていない。近所とのつながりもなく1人暮らしを長年続けてきたおじいちゃんだ。

一人暮らしで心配なことを尋ねると

これ下ろしてきたんですけど、1000万円ちょうどにしたいんです。

と言ってなんと銀行から下ろしてきた大金を初対面の私に見せてくれちゃう!!

帯にまかれた100万円が9束。その額なんと900万円!!

(マジで目がくらむわぁ。これを奪ってダッシュで帰っても認知症だからちゃんと説明できないし、忘れちゃうだろうし完全犯罪成立なんじゃね?)

なんてことがちらっと頭に浮かび。

いかーーん!!それは犯罪だ!!絶対にしてはいけないやつだ!!😖

俺は女にはだらしがないがお金はだらしなくないぞ!!

ましてや人のお金に手を出してまで金持ちになんか成りたくない!!

銀行に入れておくと盗られてしまいそうで心配なんですよね

いや俺に見せる方が危ないだろ!!だって一瞬だけ悪魔がささやいたもん!!

「お金を取っちゃいなよ。バレないよ😈」って

後日、成年後見人制度を利用し司法書士に金銭管理を任せるのであった。

認知症により銀行に対して被害妄想になってしまった事件でした。

認知症ビックリ面白エピソードまとめ

・家中が小銭だらけ事件➡認知症の実行機能障害で起きた。
・腐ったお弁当冷蔵庫にぎっしり事件➡認知症の記憶障害で起きた。
・体中が虫だらけ事件➡認知症の理解・判断力の低下によって起きた。
・札束を見せる事件➡認知症の銀行に対して被害妄想によって起きた。

年に数回はある認知症のビックリエピソードを紹介させていただきました!!

今日も何が起こるかわかりませんが仕事に行ってきまーす😂

コメント

タイトルとURLをコピーしました