【ケアマネ転職情報】所属する法人で居宅介護支援事業所の特徴が違う

福祉業界の事情

おはよーございます。多くのケアマネと関わっているたっつん(.@enjoywelfare)と申します。

今回は居宅介護支援事業所で働きたい人向けの記事になります。

世の中にはたくさんの居宅介護支援事業所があるけど、どうせ働くなら自分にあった事業所で働きたいと思いますよね。

でも職場って実際に入ってみないとわからないことってたくさんあります。

入職して「こんなはずではなかった。自分が思った職場と違う」というリスクを減らすためにも少しでも事業所の情報を知っておいて損はないです。

そこで今日は所属する法人によって居宅介護支援事業所の特徴が大きく違うことを紹介したいと思います。

日ごろ仕事でたくさんの居宅介護支援事業所と付き合っている経験を踏まえて、私なりの考えで特徴をまとめてみました。転職する方は参考にしてみてください!

(あくまでも私の思った事業所の傾向です。すべての事業所に当てはまっている訳ではないのでご了承ください。)

それでは宜しくお願いします!!

所属する機関で居宅介護支援事業所の特徴が違うという事実

医療法人の居宅介護支援事業所

医療法人の居宅介護支援事業所の利用者は、法人内の病院から退院した患者か外来に来ている患者がほとんどです。したがってケアマネが営業活動をして利用者を集めてくることはほぼゼロです。

自分の所属する病院との医師や看護師などとの連携はとりやすいのが大きなメリットですが、逆にそれ病院以外の医療職との連携はとりずらくなると思います。

地域の資源を使った支援と言うよりも自分が所属する病院を中心としたケアマネジメントになってきます。色んな事業所と関わりたいという人は向いていません。

他にも病院という大きな資源がついているので緊急的な入院が必要だったり、受診が必要だったりする場合はソッコー対応できるというメリットがあります。

ケアマネジャーが緊急ショートを使うために色んなところに電話しまくったり、遠くの病院にカンファレンスに参加したりすることはあまりない傾向にあります。

病院という大きなバックがついているので安心した支援が出来ます。

デメリットは病院内の医師や看護師やソーシャルワーカーに気を使う必要があります。ケアマネジャーと医療相談員の中間的なスタンスになる感じです。

安定感を求める性格の人が向いていると思います。

大きな会社の居宅介護支援事業所

大手の株式会社や社会福祉法人に所属している居宅介護支援事業所の特徴は、法令順守を第一に優先して行動するケアマネジャーが多いです。

つまり事業所の特徴として介護保険法上に乗っ取って仕事をしていることが重要になります。

法人内で内部監査を行っているところも多く、「行政の実施指導よりも内部監査のほうが厳しい」といった声も聞いたことがあります。

問題が起きそうなグレーの仕事はきっちりと同意書をもらい家族や本人ともめごとを起こさないように独自のルールを作っているところもあります。

したがって細かい性格の人で「仕事は仕事!」とルールに従うことが苦にならない人が向いていると思います。

メリットはたくさんのベテランケアマネジャーがいるので頼りになるし教育制度も小さい事業所よりもしっかりしているので初心者は働きやすいと思います。

10年の経験を持つ私でも、大手のケアマネジャーと話していると介護保険に関してとても詳しく勉強になることがあります。

逆にデメリットは自由が利かないことです。自分の行動も上司や本部の許可がないと行動できないこともあると思います。

大手の場合は利用者を自分で集める必要があるので、管理者になると上からの営業的プレシャーが結構あるでしょう。

小さい会社の居宅介護支援事業所

NPO法人や有限会社などの小さい会社の居宅介護支援事業所の特徴はズバリ何でもあり!!類は友を呼ぶで利用者も自由奔放な人が集まって来たり来なかったり。

事業所としての特別なルールがあまりなく、個人の力量で仕事がをします。ぶっちゃけケアマネジメント以外の仕事をしてる人も多いです。

例えばケアマネが通院介助に行ったり、金銭管理をやむを得ず行ったり、介護保険法の中だけで行っていても支援がうまくいかない困難事例を引き受けることが多いのが、この小さい居宅介護支援事業所やNPO法人の事業所になります。

ものすごくケアマネジャーの力量が試されます。良く言えば自分の実力をフルに発揮できる。

悪く言えば後ろ盾がない分、自分で責任を取らざるを得ない場面も多い事業所となります。

教育制度も確立していなくコロコロと従業員が変わることもあり、事業所が潰れてしまう可能性も高いです。

刺激的な仕事をしたい人には向いていると思います。自由度は一番高い傾向にあります。

介護職応援プロジェクト20万円がもらえる介護・福祉の転職サイト『介護JJ』

最後に

ちなみに私は、自由に動けるタイプの居宅介護支援事業所が好きです。というか自由に動けるところしか所属したことがありません。

自由に動けるので刺激的なことがたくさんあり楽しいです。色んな人との出会いも多く好きです。

一人ケアマネもやっていました。一匹狼だったぜ!!めっちゃ自由だった!

一人ケアマネが新規ケアプランを獲得する方法の記事

今は区役所の犬やってます。こまづかいです。委託の地域包括支援センターなんてそんなもんです。

今日も尻尾ふって仕事に行ってくるワン!!

カテゴリー
福祉業界の事情
スポンサーリンク
たっつんをフォローする
エンジョイHukushi

コメント

タイトルとURLをコピーしました